平清盛について


元永元年(1118年)、伊勢平氏の頭領である平忠盛の嫡子として伊勢産品(うぶしな、現在の三重県津市産品)で生まれる。生母は不明だが祇園女御の妹という説が有力である。母の死後、祇園女御の猶子になったという。大治4年(1129年)正月に12歳で従五位下左兵衛佐に叙任されたことについて、藤原宗忠は「人耳目を驚かすか、言ふに足らず」と驚愕している(『中右記』)。武士の任官は三等官の尉から始まるのが通常で、二等官の佐に任じられるのは極めて異例だったためである。清盛は3月に石清水臨時祭の舞人に選ばれるが、清盛の馬の口取を祇園女御の養子とされる内大臣・源有仁の随身が勤めていることから、幼少期の清盛は祇園女御の庇護の下で成長したと思われる。

祇園女御の庇護下で育ったことから、清盛の実父は白河天皇であるとの説もある。清盛が院近臣家の出身にもかかわらず、後に皇族か摂関、清華でなければ任命されない太政大臣に任命されたことから、当時の朝廷が非公式にではあるがこの話を事実として採用していたとの主張もある(元木泰雄)。

若い頃は、鳥羽法皇第一の寵臣・藤原家成の邸に出入りしていたという。藤原家成は、清盛の継母・池禅尼の従兄弟だった。高階基章の女との間に重盛・基盛が生まれるが、死別したと推測される。保延3年(1137年)忠盛が熊野本宮を造営した功により、清盛は肥後守に任じられる。久安3年(1147年)平時子との間に宗盛が生まれる。時子の父・時信は鳥羽法皇の判官代として、藤原顕頼・高階通憲(信西)とともに院庁の実務を担当していた。この年6月15日、清盛は祇園社に赴くが郎等の武具を咎めた神人と小競り合いとなり、郎等の放った矢が宝殿に当たるという事件が発生した(祇園闘乱事件)。祇園社を末社とする延暦寺は忠盛・清盛の流罪を要求して強訴するが、鳥羽法皇は延暦寺の攻勢から忠盛・清盛を保護し、清盛の罪を贖銅三十斤という罰金刑にとどめた。その後、清盛に代わり異母弟の家盛が常陸介・右馬頭に任じられ頭角を現す。しかし、久安5年(1149年)家盛は急死したため、清盛の嫡流としての地位は磐石となる。安芸守に任じられて瀬戸内海の制海権を手にすることで莫大な利益をあげ、父と共に西国への勢力を拡大した。またその頃より宮島の厳島神社を信仰するようになり、仁平3年(1153年)には、忠盛の死後に京都の伊勢平氏一門の頭領となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

サントリーのセサミンが人気

日本でも古くから健康・美容食材として知られてきたゴマ。タンパク質やビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸を豊富に含み、またゴマ油は酸化しにくいことも広く知られています。サントリーは、このゴマの健康パワーが、特に希少な成分ゴマリグナンの中にわずかに含まれる「セサミン」にあることを発見。

肩こりに悩む人は多い

肩こり(かたこり 肩凝り)とは症候名のひとつ。肩だけでなく、首も凝ることが多い。「肩が張る」とも言う。英語では、Stiff shoulders(硬い肩)などと呼ぶ。

ムダ毛処理について

脱毛(だつもう)は、現象として人もしくはそれ以外の動物に生えている毛の一部ないし全部が抜けてなくなることである。ムダ毛処理方法@ランキングナビ)しかし意志とは無関係である疾患の脱毛症や生理現象としての禿げ(はげ)と、意図的に除去する脱毛は異なる性質のものとして理解すべきである。東洋医学では髪墜と呼ばれる。